1. ホーム
  2. よくあるご質問

よくあるご質問

タクシーに関して

タクシーに忘れ物をしてしまったのですが、どうすればよいでしょうか?
乗られたタクシー会社が領収書、タクシーカード等でわかっておれば、直接電話して下さい。
ただし、乗られたタクシー会社が分からない場合は、公益財団法人大阪タクシーセンター忘れ物係へ届け出をお願い致します。06-6933-5618もしくは5619まで
8月5日はどうしてタクシーの日なのですか?
大正元年8月5日、日本で初めて近代的なタクシー会社が東京に誕生しました。
それまでは、車庫でお客様をお待ちするハイヤー営業が主でしたが、料金算出にタクシーメーターを採用し、街中で乗車いただける現在のタクシースタイルが始まりました。そしてこの日を「タクシーの日」と定め、毎年全国各地でキャンペーンを実施しています。なお、大阪では、大正6年8月に事業を開始した大阪タクシー自動車株式会社が始まりとされています。
タクシー運賃について、中型車初乗り(2km)680円はわかりますが、加算運賃はどうなっているのですか?
当協会に加盟しているタクシー事業者のほとんどは、中型車初乗り(2km)680円で、その後266m増すごとに80円が加算されます。小型車は初乗り(2km)660円で、その後296m増すごとに80円が加算されます。
いつもと同じ道を通っているのになぜ料金が異なる場合があるのですか?
タクシーは時速10キロ以下になりますと、自動的に通常の距離制運賃から時間距離併用制に切り替わり、当協会が加盟している事業者のほとんどが中型車で1分40秒ごとに80円、小型車で1分50秒ごとに80円が加算されます。そのため、渋滞などで時間が多くかかってしまった場合は同じ距離、同じ道だとしても料金に違いが出てしまう場合があります。
また、原則午後11時~午前5時までは深夜早朝割増料金として2割増で加算されます。そのため時間帯によっても料金は変動いたします。詳しくは各会社にお問い合わせください。
高速道路を利用した場合の高速料金はどうなるのですか?
お客様のご依頼で高速道路を利用される場合、高速料金はお客様負担となります。
なお、帰りの高速料金については、遠距離等の場合(営業区域の境界線から概ね50kmを超える運送)、または離島への運送について、会社によってはお客様にご負担頂く場合がありますので、ご利用前に各社へお問い合わせください。
タクシーをいつも利用しているのですが、何か割引制度があるのですか?
現在認可により割引が認められているものに福祉割引、遠距離割引等がございます。
福祉割引については、身体障害者・知的障害者の方の社会参加をお手伝いするため、それぞれの手帳(身体障害者手帳・療育手帳)をご乗車の際に乗務員に提示して頂ければ、メーター料金の1割を割り引くものです。
また、遠距離割引については、長距離によりメーター料金が5000円を超えた場合、その超えた額の5割を割り引くものや、9000円を超えたものについて、その超えた額の1割を割り引くものなどがあります。
ペットと一緒にタクシーに乗りたいのですが、可能でしょうか?
盲導犬・介助犬・聴導犬は同乗可能です。また、小動物に関してはゲージに入れていただければ、同乗は可能ですが、ゲージに入っていない場合や、ゲージに入らない大きさの動物については、臭いや抜け毛、シーツの汚れ、運転に支障が出る場合がありますので、たとえ大人しい動物であってもお断りする場合がありますので、ご乗車前に各社へお問い合わせください。

運転手について

タクシードライバーになるには資格が必要ですか?
普通第二種運転免許が必要です。ただし、普通運転免許を取って3年経つ21歳以上の方でないと取得できません。自動車学校などで講習を受け試験に合格するには、最短でも10日ほどかかります。タクシー会社によっては、免許を取るための支援制度がありますので、入社を希望される会社へ直接お問い合わせください。
普通二種免許があればすぐに仕事ができますか?
未経験者であれば安全運転のために入社後に少なくとも10日間の社内研修並びに適性診断が必要です。また、タクシー業務適正化特別措置法に定める特定指定地域で入社を希望される方は地理試験に合格することが必要となります。そして、タクシー運転者の登録をして、「登録運転者証」の交付を受けます。助手席の前に掲示してある、写真付きのカードです。
女性のドライバーはいますか?
現在大阪府下では、約200名の女性ドライバーが活躍しています。
どこの会社が募集していますか?
協会加盟会社に直接お問い合わせ下さい。

このページの先頭へ